研究

出版物・論文

本センターの主な参画教員による研究成果を紹介します。

Katirai, A. (2023). The ethics of advancing artificial intelligence in healthcare: Analyzing ethical considerations for Japan’s Innovative AI Hospital System. Frontiers in Public Health, 11.

Katirai, A.

Katirai, A. (2023). Ethical considerations in emotion recognition technologies: A review of the literature. AI and Ethics.

Katirai, A.

標葉隆馬. (2023). 「科学技術社会論からみたケアサイエンスの可能性」『看護研究』 56(3), 224-233.

標葉 隆馬

岸本充生. (2023).「(巻頭言)エマージングテクノロジー界隈でリスク人材が求められている」『リスク学研究』32(4), 251-252.

岸本 充生

肥後楽. (2023).「研究と社会をつなぐこと、異分野をつなぎ、越境し合うこと」『フィルカル』8(1), 26-30.

肥後 楽

森下翔. (2023).「『ELSI/RRI研究』を作りあげる: 新しい種類の研究者の存在様式の構築をめぐって」『フィルカル』8(1),14-25.

森下 翔

鹿野祐介. (2023).「ELSIという波を振り返る」『フィルカル』8(1), 8-13.

鹿野 祐介

山本展彰. (2023).「介入主義を応用した法的因果関係論の構想」『阪大法学』72(6), 136-198.

山本 展彰

八木絵香. (2023).「第8章 原子力」 国立国会図書館 調査及び立法考査局 編『科学技術のリスクコミュニケーション: 新たな課題と展開(科学技術に関する調査プロジェクト)』 (pp. 55-62) . 国立国会図書館.

八木 絵香

標葉隆馬. (2023).「第5章 科学技術ガバナンスとリスクコミュニケーション」 国立国会図書館 調査及び立法考査局 編『科学技術のリスクコミュニケーション: 新たな課題と展開(科学技術に関する調査プロジェクト)』 (pp. 28-36) . 国立国会図書館.

標葉 隆馬