研究

出版物・論文

本センターの主な参画教員による研究成果を紹介します。

新規科学技術をめぐる「オンライン対話の場」の記録,『科学技術コミュニケーション』29: 5-18.

水町 衣里、工藤 充、八木 絵香

技術と社会の間のギャップを埋めるための倫理的・法的・社会的課題(ELSI)研究,『JATAFFジャーナル』9(8) : 6-11.

岸本 充生

AIをめぐる法的因果関係に関する一考察:ハート=オノレの法的因果関係論を出発点に,『Co* Design』10: 91-109.

山本 展彰

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)をめぐる倫理的・法的・社会的課題(ELSI)の視点,『研究 技術 計画』36(2) : 140-154.

標葉 隆馬

科学と政策の間のギャップの可視化と橋渡し―リスク学の知見の貢献,『研究 技術 計画』36(2) : 116-127.

岸本 充生

デュアルユース研究の何が問題なのか:期待価値アプローチを作動させる,『年報 科学・技術・社会』30: 35-66.

片岡 雅知、河村 賢

消費者契約としてのプライバシーポリシー─米国における消費者契約法リステイトメント策定の議論を参考に─,『季刊 Nextcom』46: 32-39.

赤坂 亮太

倫理的・法的・社会的課題(ELSI)という考え方―なぜ今,企業活動において注目されているのか,『ビジネス法務』2021年7月号

岸本 充生

組換えDNA技術からゲノム編集へ―国内外における規制枠組みの推移 など,『科学史辞典』

標葉 隆馬

パーソナルデータ取引の倫理的・法的・社会的課題(上),『法律時報』2021年5月号: 106-112

岸本 充生