研究

出版物・論文

本センターの主な参画教員による研究成果を紹介します。

Nagai, K. et al. (2023). Comparing direct-to-consumer genetic testing services in English, Japanese, and Chinese websites, Anthropological Science, 131(1), 3–13.

Kentaro Nagai, Mikihito Tanaka, Alessandro R. Marcon, Ryuma Shineha, Katsushi Tokunaga, Timothy Caulfield & Yasuko Takezawa

Kawamura,K, & Okazawa, R.(2023). Reading what is not there: ethnomethodological analysis of the membership category, action, and reason in novels and short stories, Human Studies, 46, 117-135.

Ken Kawamura, Ryo Okazawa

Takeda, F. K. et al. (2022) Comparison of public attitudes toward five alternative proteins in Japan, Food Quality and Preference 105, 104787.

Kohei F. Takeda, Ayaka Yazawa, Yube Yamaguchi, Nozomu Koizumi & Ryuma Shineha

『世界最先端の研究が教える すごい哲学』

稲岡 大志(編著)、長門 裕介(編著)、 森 功次(編著)、朱 喜哲 (編著)

第2章 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と倫理的・法的・社会的課題(ELSI), 『感染症とソーシャルディスタンシング』

標葉 隆馬

第3章 成解を導く力を身につける――学びの往還, 『やっかいな問題はみんなで解く』

八木 絵香、工藤 充、水町 衣里

特集によせて:知識生産をめぐる倫理的・法的・社会的課題 (ELSI) と責任ある研究・イノベーション(RRI)の現在と未来, 『研究 技術 計画』 37(3): 246-251.

標葉 隆馬

ELSIおよびRRIをめぐる実践的研究-CtoCマーケットプレイス事業者とELSI研究者の連携による知識生産, 『研究 技術 計画』 37(3): 279-295.

鹿野 祐介、肥後 楽、小林 茉莉子、井上 眞梨、永山 翔太、長門 裕介、森下 翔、鈴木 径一郎、多湖 真琴、標葉 隆馬、岸本 充生

データビジネスにおける「ELSI」はどこから来て,どこへ行くのか, 『研究 技術 計画』 37(3): 296-309.

長門 裕介、朱 喜哲、岸本 充生

Komiya, K. et al. (2022) Practice of responsible research and innovation in the formulation and revision of ethical principles of molecular robotics in Japan, SN Applied Sciences 4, 305.

Ken Komiya, Ryuma Shineha & Naoto Kawahara