研究

出版物・論文

本センターの主な参画教員による研究成果を紹介します。

The visual and conversational order of membership categories in fictional films, Human Studies 2022.

Ryo Okazawa, Ken Kawamura

Patient involvement in priority-setting for medical research: A mini review of initiatives in the rare disease field, Frontiers in Public Health 10:915438.

Amelia Katirai, Atsushi Kogetsu, Kazuto Kato, Beverley Yamamoto

Ethical, Legal, and Social Issues (ELSI) in Molecular Robotics: An Introduction for Further Discussion, Molecular Robotics -An Introduction

Ryuma Shineha

関係論的平等主義の再出発——「分配か社会関係か」を越えて,『法と哲学』8: 213-240.

阿部 崇史、石田 柊、宮本 雅也

第3章 これからの人文・社会科学の研究評価を考えるために, 『現場の大学論』

標葉 隆馬

Making Sense of Extended Affirmative Action: Review of Making Sense of Affirmative Action by Kasper Lippert-Rasmussen, The Journal of Value Inquiry 2022.

Shu Ishida

『アクターネットワーク理論入門』

栗原 亘(編著)、伊藤 嘉高(著)、森下 翔(著)、金 信行(著)、小川 湧司(著)

法的因果関係における反事実条件文の法理学的検討(二・完),『阪大法学』72(1): 97-123.

山本 展彰

A comparative analysis of attitudes toward stem cell research and regenerative medicine between six countries – A pilot study, Regenerative Therapy 20: 187-193.

Ryuma Shineha, Yusuke Inoue, Yoshimi Yashiro

法実務に技術を導入すると何が嬉しいか――「リーガルテック」をシステム導入プロジェクトの視点から考える,『情報法制研究』11: 15-26.

西村 友海