共創研究プロジェクト

2021年3月29日 掲載

企業における研究倫理審査や人材育成等の実践的方法論の構築

プロジェクトの概要

ELSIセンターと株式会社メルカリの研究開発組織「mercari R4D」は、ELSI(Ethical, Legal and Social Issues/倫理的・法的・社会的課題)に配慮した研究開発プロセスを構築する共同研究を20209月から開始しました。 

R4Dは、研究開発活動がより健全な成長を遂げ、また社会にその価値を還元するために、研究倫理指針や研究倫理審査委員会規程を定め、委員会開催や研究者への教育活動等を進めてきました。しかし、企業や研究開発に対する倫理性がますます社会で重要視されるなかで、より時代に即して研究倫理審査プロセスを見直し、社会の要請に応えていく必要があります。ELSIセンターのこれまでの研究で得られた知見をもとに、R4Dを対象に、企業研究所における、ELSIに配慮した研究開発プロセスの方法論を構築するとともに、ELSI人材育成のための教育カリキュラムを作成することを目指しています。 

具体的な取り組みは以下の通りです。

(1) メルカリにおける研究倫理審査の高度化

より実践的かつ適切な研究倫理審査を実現するために、ELSIへ配慮し、責任ある研究・イノベーション(RRI)の理念を実体化するため、研究倫理指針、研究倫理審査委員会規程等の文書、そして実際の委員会の運用について、改善と高度化を進めます。

(2) メルカリにおけるELSI人材育成

責任ある研究・イノベーション(RRI)を体現した研究倫理審査を実現するために、研究倫理審査委員と研究者を対象としたELSI教育プログラムの開発を進めます。今後、全社員向けのELSI教育についても検討していきます。

(3) ELSI研究テーマの探索

R4Dはこれまで、理工学分野や情報技術分野等の研究を先行させてきましたが、人文・社会科学を含めた分野へ拡大することを検討しています。今後の研究研究のテーマになりうる課題を探索していきます。 

ELSIセンター参画教員

岸本 充生(研究全体統括)
標葉 隆馬(研究参画者)
長門 裕介(研究参画者)
鹿野 祐介(研究参画者)
など

関連プロジェクト

  • 株式会社メルカリとの共同研究「株式会社メルカリの研究開発と社会実装を事例とした実践的ELSI研究 -教育手法や企業内実践の方法論確立-」研究全体統括:岸本 充生(大阪大学)2020年9月2021年3月

関連情報

2021年3月30日現在)